もしかしたらあなたも感染しているかも。自覚症状がない性病

淋菌の共通症状は気づきにくいが重い症状になることが多いので要注意

 

淋病は、性器への感染の場合男性と女性では症状の現れ方が違うと言うのが特徴的です。
しかし、近年のセックスの多様化により淋菌の感染部位が性器以外の場所にも見られるようになってきたのですが、この性器以外の感染に関しては男女とも変わらないと言う特徴があります。

 

男女共通の淋病の症状について

主に、挙げる事のできる男女共通の淋病感染による症状が淋菌性咽頭感染、播種性淋菌感染症、淋菌性結膜炎、淋菌性直腸炎ですね。
咽頭感染に関しては、オーラルセックス、つまりフェラチオが原因で感染する事が多いですね。
播種性淋菌感染症は菌血腫を伴う全身の感染、そして結膜炎は妊婦による母子産道感染ですね。
直腸炎は、肛門からの感染でその経路はアナルセックスによって引き起こされることが多い物です。

 

それぞれの症状の影響

咽頭感染は、女性の淋病と同じく自覚症状が出ないことが多いですね。
なのでそのままオーラルセックスをしてしまうと、そのまま相手の性器に淋菌を感染させてしまうことがあります。

播種性淋菌感染症は関節炎、皮膚炎、発熱、検体、移動性多発関節痛などの症状が見られる事が多く、膿胞性皮膚病変などを引き起こすこともあるほか、心膜や心内膜、髄膜などを炎症させることもある非常に重たい症状となっています。

結膜炎に関しては新生児に起こり失明の危険さえもあるのです。

 

共通症状の注意

基本的に、これらの共通症状というのは実際に感染してしまって症状が出るまで気づかない事が多いんですね。
しかし、気づいた段階で早期に治療をする事で充分に治療を見込む事ができます。
特に、結膜炎は失明率も非常に高いので放置することだけは絶対に避けて置きたいというところですね。